二ヶ月ぶりに会ってまた惚れ直す


「板金が上がったよ」
と、写真が届いただけで、なんだかとても嬉しいじゃないか。
納車を待っていた時のあの気持ちと同じ感情がフツフツとよみがえってきた。
約2ヶ月も見ないとそんな気分になるもんなんだなあ。ガレージに佇む代車なんてほとんど意識もしないけれど、ミニはスマホに送られてきた写真を見るだけでもキュンとする。艷やかピカピカの姿に惚れ惚れとする。

何この小僧の恋みたいな感情。

相手は古くて非力で質素なクルマだよ。しかもフェラーリとかじゃないよ。平民向けの大衆車だよ。レアな存在でもないんだけれど、唯一無二な感じ。

昔、好きなネーチャンができると、そのカノジョのことがサイコーにかわいく見えたもんだよなあ。そこらのグラビアアイドルなんか屁でもない。新人タレントなんかキワモンにしか見えないぐらい惚れたカノジョのことがかわいく見えた。そういうバイアスのかかった視点になってしまう。で、相性によってはだんだん熱も冷めて、魔法が解けていくもんだけれど、時間が経つと、やっぱりアイツいいよなあ‥‥なんて後悔したりして。
クルマもそれと似ている。

今でも昔乗ったクルマはカッコよく見えたりする。
いつまでも新鮮な気持ちでいられるのって大事だよな。

2 thoughts on “二ヶ月ぶりに会ってまた惚れ直す”

  1. 久しぶりに見たのですが、ちょうどこの記事で、何はともあれ、直って(治って?)良かったですね。
    また楽しいコメントを期待しています。
    ところで、助手席側ドアノブがなくなっているようなんですが?????

    1. G(爺)と呼んでもらおうさん

      返信が遅くなってすみません!
      ようやく今週末に退院予定です。

      ドアノブどころか、
      窓もバンパーもミラーもサイドマーカーも
      取り外されてスッポンポンの状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。