ミニで草レース、ブログを日々更新、経理計算。

気がつけば、そろそろエンジンをかけてやらんとマズくね?と思うほどミニに乗っていない。しかしこのブログは日めくりカレンダーのように書き続けているわけで。
そんなによく根気強くやり続けられるな!って言われることもしばしばだけれど、意味のない思いつきの駄文ばかりだし、もともと書くことを生業にしているし、書き溜めたものを自動更新で小出しにしているだけなので、他人が考えるほどの苦労はしていない。やっている本人にはまったくストレスを感じないからこそこうして続いている。

だけど、これって人によっては難行苦行だよな。
ワシにとっては『経理計算をやれ!』『量産部品の品質チェックを黙々とこなせ!』『子守唄にしか聞こえない報告会議を2時間は聞いてくれ』と言われ、それが毎日の仕事だったら、1週間で逃げ出しているに違いない。人には適材適所というものがある。

要するに向いてない状況下でムリしちゃダメだってことだ。

そこで言うと、クラシックミニでレースを行っているいるっていうのも、アレ、相当ヘンだと思っちゃうんだよねえ。半世紀以上昔の技術で作られた大衆向けのチープな機械を酷使して競争しているんだもんね。

原付スクーターでレースしている人や、大型トラックでのレースも存在するぐらいだから、ミニのレースだって否定するわけじゃないんだけれど、クルマにとっては大きな負荷なのは間違いない。
だけど、プロの技術にかかってしまえば、それもまた楽しみになっていくんだろうね。

向いていることと向いてないこと。それをこなす技術がある人とない人。自分の置かれている環境を楽しめる人そうでない人。いろいろいるけどさ。
みんなストレスから逃れるためにミニでドライブしているんだよなあ。
きっとバイク乗りなんかも、釣り人なんかも、そういうことなんだろうな。
という駄文で失礼!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。